乳がん治療に伴う整形施術|様々な方法で対処するにきび跡|人気の高いレーザー治療
婦人

乳がん治療に伴う整形施術

バスト

乳房再建とは、乳がん治療で切除して失ってしまった乳房を人工的に再建する施術のことです。これまでの乳がん治療は病巣部を切除するだけで終了していましたが、最近では患者の生活の質の向上のために乳房を元の状態に戻す施術が行われるようになったのです。乳房再建は、主に二つの種類に分けられています。まず最初に行われるのが乳がん手術直後の乳房再建施術です。これは手術直後の乳房の喪失によるショックを和らげるために行われるもので、内容としては簡易的なものです。その後、手術の傷跡が治癒した頃を見計らって、本格的な乳房再建施術が行われます。この際には、見た目も肌触りも本物の乳房に近いように再建されます。いずれの乳房再建施術も乳がん手術に合わせて計画が立てられます。

乳房再建施術には、様々な方法があります。大きく分けると人工乳房を使用する方法と自身の脂肪を使用する方法の二つが挙げられますが、それぞれに特徴が異なるため状況に合わせて選ぶことが大事です。人工乳房は、乳腺を全摘したり乳房の大部分を切除した場合に適しています。元々の乳房が大きい場合には、組織拡張器を挿入して十分な空間を設けた上でバッグプロテーゼなどの人工物が差し込まれます。この施術は、短時間で済んで仕上がりが美しいことが特徴です。自身の脂肪を移植する方法は、拒絶反応がなく体に負担がかからないという特徴があります。ただし、十分な量の脂肪を採取するために体にある程度の量の脂肪がついていることが必要条件となります。この施術は、乳房の欠損が少ない場合に適しています。